■2011年06月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アーマルドのサブウェポンってなにがいいんだろう

今回は地味ながら対炎に有効なアーマルドのサブウェポンについて考えてみます。

アーマルドのメインウェポンは岩のストーンエッジ等と虫のシザークロスがあります。
しかしこれだけでは鋼全般(炎飛超悪草虫複合以外)、毒地、毒闘、水闘、霊地など多くのポケモンに有効だが無くなってしまいます。
そのため、サブウェポンとしてこれらに弱点のつける技をひとつ入れておくと安定します。

しかし、そのサブウェポンには手軽でメジャーな地震以外にも過去作の教え技を利用してのけたぐり(馬鹿力)、アクアテールがおなような範囲を持つ技として存在します。なので、今回はこれを比べてみようと思います。


※赤文字・・・その技でしか弱点のつけないタイプor虫の天敵としてメジャーなポケモン
じしん 威力100 命中100
弱点をつけるタイプ:はがね でんき どく いわ ほのお
有効だと思われるなメジャーポケモン:ドリュウズ、ニドキング、ジバコイル、サンダース、ゴウカザルヒードランなど

特に詰む相手が存在せず、相性補完としては申し分ないです。しかし、無効になるポケモンが非常に多く、持ち物ふうせんの存在から、あまり気軽に打てないものになっております。
電気も炎も等倍なので、電気タイプに非常に強くなることができます。


アクアテール 威力90 命中90
弱点をつけるタイプ:じめん いわ ほのお
有効だと思われるなメジャーポケモン:ドリュウズ、ニドキング、グライオンカバルドンゴウカザル、ドサイドン、ヒードランなど
詰む相手:ドクロッグ(乾燥肌)、エンペルト、ニョロボン

前作教え技限定の水技です。水技は虫パの中でも貴重な存在であり、全ての炎タイプの弱点をつくことができます。そのため、炎対策が役割のアーマルドにはうってつけかもしれません。また、読まれないのとイトケのみがマイナーなのも良い点です。さらに雨乞いで威力が上がります。
欠点としては、一部の鋼や水ポケモンに非常に弱くなることと、日本晴れで威力が減ることと、たまに外れることでしょうか。上級者向けだと思われます。


けたぐり 威力20~120
弱点をつけるタイプ:はがね  ノーマル あく いわ こおり
有効だと思われるなメジャーポケモン:カビゴン、マンムー、ハガネール、ヒードラン(120)、ジバコイル、ナットレイ(100)、ルカリオ、エンペルト(80)
詰む相手:ゴルーグ、ニドキング、クチート、ドクロッグなど

前作教え技の体重によって威力が変わる格闘技です。地震よりも多くの鋼タイプに安定してダメージを稼ぐことができます。しかし、軽い相手にはダメージが期待できません。
また、ノーマルの弱点をつくことができるのも大きな利点で、特に物理型で高い特殊耐久を持つカビゴンに有効なのが大きいです。
また、炎の弱点をつくこともできません。対鋼には最も良い技だと思います。

・かわらわり、ばかぢから

こちらも格闘技で範囲はほとんどかわりませんが、体重に関係なくダメージを与えられるので、ハピナスやポリゴン2、チラチーノなどの軽くて強力なノーマルタイプの弱点を付くことができます。鋼の相手をしたいならけたぐりのほうがいいと思います。


やっぱり地震が安定のようです。しかし、苦手な鋼や水の相手をしないつもりであれば、過去作で粘ってアクアテールを覚えさせるのもいいかもしれません。
また、ハピナスやポリゴン2はメジャーですが、これに有利な虫は多いので(特に蝶の舞の起点にできる)瓦割りは使う場面がないでしょう。
スポンサーサイト

■手持ち紹介:特殊型シュバルゴ

軽量化のため画像をはらない地味な記事になっております。

前回は耐久型のシュバルゴを紹介しましたが、今回は特殊技のみを使うシュバルゴの紹介です。
まともにメガホーンなんてする気はありません。


立派な槍はただの飾り 特殊バルゴ

性格:ひかえめ
努力値:HP252 とくこう252 素早さ6
持ち物:こだわりメガネ
技:むしのさざめき きあいだま エナジーボール めざめるパワー氷


シュバルゴといったら135という破格の攻撃力を利用したメガホーンやアイアンヘッドをぶっぱなしたり、剣の舞を積んだりのイメージがありますが、それを完全に裏切って攻撃の半分以下の60というとくこうからの特殊型です。
この努力値振りでも攻撃のほうがステータスが高くなっちゃいますが目をつぶりましょう。

さて、意表をつく以外に格闘、草という物理型にはない範囲で(起死回生がありますが)普段倒せない鋼や水の相手もできるのがいいところです。
このシュバルゴの眼鏡気合玉で特防特化ナットレイを超高乱数2で倒すことができます。現実は厳しいですが。
エナジーボールは防御特化トリトドンを確1,特防特化だと確2になります。カウンターしてきてくれたら更にいいです。
めざパ氷は主にグライオンようですが最近出番がありません。防御特化なら確1,特防特化なら確2です。

実際に使ってみるといい感じに意表をつけました。

■5000HIT小大会開催のお報せ

このブログもあと少しで5000ヒットとなりました。
閲覧してくださる皆様ありがとうございます。

さて、以前から言っていたようにpackさんを見習ってちょっとした大会をひらこうと思います。
身勝手なルールを追加してしまいますが、良かったら参加お願いします。



大会要項(予定)

日時:2011/7/9(土) 21時~

対戦形式:3~4人ほどのブロックに分けてリーグ戦、そのあとトーナメントの予定です。

ルール:一般のランダムマッチのルールに加え、
1.準伝説・合計種族値540以上禁止(ギャラドス、ウインディ、カビゴン、カイリュー、キングドラ、ハピナス、バンギラス、ミロカロス、メタグロス、ガブリアス、エレキブル、ブーバーン、トゲキッス、オノノクス、ウルガモス、サザンドラ)
(マイナス特性のあるケッキング、アーケオス及びフィオネ、ペラップの使用はOKです)

2.催眠技禁止(さいみんじゅつ、うたう、ねむりごな、きのこほうし、くさぶえ、ダークホール、あくび)

3.天候を変える特性のポケモン禁止(ロコン、キュウコン、ニョロトノ、バンギラス、ヒポポタス、カバルドン、ユキカブリ、ユキノオー)
もらい火キュウコン、ロコン、貯水ニョロトノは使用可能です。

賞品:海外産厳選済みポケ、4世代色乱数ポケなど
ABCDSVおくびょう♀、じんつうりき、よこどり、おきみやげ、じんつうりき遺伝のゾロア (packさんご提供)
謎の卵(craffさんご提供)



こんな身勝手な大会でも参加してくださると幸いです。

大会への参加表明記事は後日設置しますが、どのくらいきてくださるか把握したいため、参加してくださる方はコメントをくれるとありがたいです。

1週間前になったら正式に大会参加申し込みの記事を書きます。そのときにはここにコメントされた方から優先的に組み合わせ等を決めさせていただきます。


現在の参加予定者:某Tさん タカノリさん つやつやさん クリアさん klahaさん きゅうさん makoさん かまにつ

6/19告知
6/20賞品追加
6/22天候変化の特性でない方もでられるように変更
6/27連絡追加

■ヘラクロスが使いこなせない

昨晩、つくねさんが開いた大会に参加しました。

対戦は何故かpackさん以外の悪使いとあたり、1勝は出来ましたが割と早い退場になってしまいました。



この大会で久しぶりにヘラクロスとメガヤンマを使ってみたのですが、全然使いこなせず、結局活躍したのはいつものアイアントでした。

今までウルガモス、ハッサム、ヘラクロスといったレートでもよく見かける非常にメジャーな虫は使わないようにしていました。
理由はただ、メジャーな事だけではなく対策をはられすぎていて使いづらいと思っていたからです。

例えばこちらがハッサム、相手がクロバットだった場合、もし熱風があればハッサムは一撃で落ちてしまうため、交代するという選択肢が出てきます。しかしブレイブバードを交代先に撃たれた場合はひとたまりもありません(虫岩は別ですが)。つまり交代するかそのまま攻撃するかのハイリスクな掛けをしなければなりません。

虫タイプは様々な天敵やメジャーポケモンに対して1匹は有利な虫ポケがいる恵まれたタイプです。
その反面万能なポケモンが少なく、6匹だけでは全てに対応しきれないためパーティの構成を考えるのが非常に難しいです。
ここでいう万能なポケモンというのは殆ど全ての相手に対して何かしらできるといった感じです。例えばラプラスなんかは、高い耐久と豊富な技や先制、一撃技を持ち、相手の攻撃を一致弱点でも耐えて反撃ができます。
それに比べてハッサムなんかは炎技持ちが来てしまったらどうしようもありません。

つまり、安心してどんな相手にも出せる虫ポケはごく一部に限られているのです。これが虫パの欠点だと思います。

万能な虫ポケモンといったらかなり早い素早さで何かしら行動ができるテッカニン、アギルダー、メガヤンマと頑丈持ちのイワパレス、フォレトスでしょうか。ツボツボは攻撃性能がかなり低いので除外です。

同じポケモンを使い続けたいのであれば他のタイプで統一したほうが使いやすいでしょう。

■手持ち紹介:のろい型アーマルド

今回は所持しているアーマルドの中で、最も活躍していると思うのろいを積んでたたかうアーマルドの型を紹介します。

・のろい型アーマルド

性格:しんちょう 特防+ 特攻-
努力値:HP252 特防252

技:のろい ねむる シザークロス いわなだれ
もちもの:カゴ

イワパレスよりも高い特殊防御を活かしてのろいを積みます。電気だけではなく、炎ポケモンを前にしても積むことができるので、積むチャンスは多いです。また、防御ももとから高いので相手に岩技がなければ物理アタッカーの前でも積めます。

火力の高い特殊アタッカーの前では1回積むのが限界ですが、上昇した攻撃力で返り討ちにできます。うまく積めれば3タテもできます。

一般的な炎タイプに強いのが特徴で、相手のゴウカザルやリザードンといった速攻炎アタッカーを先発読みにして、このアーマルドを先発に出せば安定して嫌な炎ポケモンを対処できます。飛行にも強いです。

岩技を使ってくる岩、格闘、地面タイプのポケモンや、水タイプ、鋼タイプの相手は苦手です。

プロフィール

かまにつ

Author:かまにつ
HGSSからポケモン廃人プレイを開始して早5年。
だらだらポケモンをやりつつ、気が向いたら考察でも書きます。

個人的に連絡したい場合はこちらへどうぞ
kamanitsu◯live.jp
◯→@

トップページへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

TOP絵について

TOP絵はジェネダイア・F・オトコスキーさんに頂いたものです。
書いていただきありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

合計人数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。