■天敵

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■虫パの天敵四天王+α

以前、虫の天敵一覧とやらを作成しましたが、それらは2~3月ぐらいのものであり、現在環境が少し変わったため、
加速バシャーモやマルチカイリューよりも、天敵となりうるポケモンが多くみられるようになったので、対策を考えたいと思います。

また、パーティ構成方法もこれらに合わせることで以前の記事(随分前なので参考にならないかと)とは変わってると思います。

基準としては無対策だと突破できずに三タテされやすいポケモンです。弱点が異なるため通常の炎や飛行対策ではやりにくいのが多いです。基本的にタイマン状態で勝てるのを紹介しようとしてます。


続きを読む >>
スポンサーサイト

■虫パで史上最凶砂パ対策3

前回前々回に引き続いて砂パのメジャーポケ4匹(バンギ、ガブ、ドリュ、カバ)を主観においた砂パ対策記事です。

イワパレス
有効そうな技 シザークロス からをやぶる カウンター 岩技 めざパ氷

砂嵐で頑丈が消えず、先制技を使ってくることが少ないため、砂パで安定して殻を破ることができます。
殻を破った後のシザークロスは攻撃無補正(陽気等)でHP振りバンギラス高乱数1(90%ぐらい)となります。意地っ張りなら確定で一撃ですが、素早さ120族までしか抜けないため、サンダースやクロバットといった虫にもよく出てくる非常にメジャーなポケモンに抜かされてしまいます。
攻撃強化アイテムをもたせる場合、イワパレスは殻を破るがメジャーなことと、バンギラスは電磁波がメジャーなことで、高確率で電磁波が打たれるでしょう。そのため持ち物はラムのみ安定で、一ターン無償で動き易いかも知れません。
そのため、陽気で汎用性を持たせても問題は無いと思います。
無邪気で殻を破ってめざパ氷を打てば耐久無振りガブリアスを75%で一撃になります。ついでにグライオンも倒せるのが良いです。一応ガブは破ったシザクロで確2ですが。
相変わらずドリュウズとカバルドンは苦手ですが、HP満タンであれば、カウンターすれば強引に突破できます。

ミノマダム地
有効そうな技 じしん ふいうち じわれ

数少ないドリュウズやカバルドンへの対抗策です。
命の珠ドリュウズのツバメ返しが防御特化で確3、大してこちらは無振り地震でドリュウズ確2。
無振りカバルドンの氷の牙は乱数4。三回は地割れを撃つことができます。
このような単純な物理アタッカーには強いのですが、バンギやガブには対抗手段に乏しく、押し返されてしまいます。


まとめ(砂嵐中と仮定)

対バンギラス
ヘラクロス アイアント メガヤンマ ハッサム イワパレス

対ガブリアス
アイアント(爪とぎ済み) メガヤンマ(加速済み) ハッサム(炎技なければ) ストライク イワパレス(殻破り済み)

対ドリュウズ
ヘラクロス(ツバメ返しなければ) ハッサム ミノマダム地 イワパレス(カウンター)

対カバルドン
ヘラクロス ミノマダム地

載って無いものとしては、
対バンギラスにカイロスのインファイトなど、対ガブリアスへはアギルダーやデンチュラのめざパ氷、アメモースなどのれいとうビーム等、対カバルドンは防御特化した虫で適当に毒でも入れておくなどで対抗策があります。
しかし、これらの虫はメジャー4匹中2匹以上に有効ではないため、特に載せていません。(ストライクは蜻蛉返りが便利なため別格)

そのため、ドリュウズへの対抗策が少ないことがわかります。ドリュウズは通常時でも非常に脅威となる存在なので、虫パにおけるヘラクロスやハッサムの存在の大きさがよくわかります。


最優先に対策するべきポケ達メモ
ヒードラン チラチーノ グライオン フワライド エアームド ドリュウズ←NEW

※8月13日追記
砂パ対策に使えそうなのを発見しました。
HP振りカイロス・・・インファイトでバンギラス確1,ドリュウズの岩雪崩を耐えてインファイトでhp振りドリュウズ確1、カバルドンにハサミギロチン。
フォレトス・・・攻撃受けた攻撃特化リベンジでバンギラス確1、ドリュウズをカウンターで無理矢理突破。

■虫パで史上最凶砂パ対策2

前回に引き続き砂パのメジャーポケ4匹への対策記事です。

対砂パに有効そうな虫たち 続き

・ハッサム
有効そうな技 蜻蛉返り アイアンヘッド ばかぢから バレットパンチ めざパ氷
強烈な先制技のイメージが強い超メジャーポケモンです。しかし鈍足であるため、不意の大文字等で瞬殺されてしまうことが少なくはないです。今回もバンギラスとガブリアスは大文字を覚えます。
そのため今回はスカーフ型で行くといいのかも知れません。馬鹿力でバンギラス、ドリュウズを、無振りでもテクニシャン補正で威力90が出るめざパ氷でガブリアスを確2にします。(ガブは文字もちがいますが・・・)一度蜻蛉返りで撤退すれば文字持ちガブも何とかできそうです。
鋼技は他の先制技に打ち勝てるバレットパンチのほうがいいでしょう。
蜻蛉返りのほうが性能が高いため、虫食いは不要でしょう。

・ストライク
有効そうな技 蜻蛉返り ツバメ返し でんこうせっか かわらわり めざパ氷
進化の輝石により戦略が増えたストライクです。ガブリアスよりも早いことをいかし、AS振りで進化の輝石をもたせた砂パメタ型です。ガブリアスの逆鱗も大文字も確定で耐えます。ストーンエッジは無理ですが、あまり採用されることは無いので大丈夫でしょう。
対してこちらは無振りのテクニシャンめざパ氷でガブリアス確2なのはハッサムと変わりませんが、こちらには必中のツバメ返しがあり、大文字も耐えるためガブ対策としては安定します。
バンギラスは瓦割りで一撃にはなりませんが、蜻蛉返りでそれなりのダメージは与えられます。カバルドンは倒せないので蜻蛉で交代、ドリュウズはどうやっても無理です。
自然の恵みを使う方法もありますが、外れると悲しいです。

■虫パで史上最凶砂パ対策1

今回は恐らく最も使用している人が多いであろう天候パの砂パの虫パでの対策について考えてみようと思います。

砂パの特徴
砂嵐による襷潰し・ダーメージの蓄積(岩鋼地面マジックガード防塵は無効)
砂隠れによる回避率上昇(ガブリアス)
すなかきによる素早さ上昇(ドリュウズ)
岩タイプの特防上昇(バンギラス)

()内のポケモンは主に砂嵐の効果を大きく利用するメジャーポケモンです。


砂パの危険性について
砂パは晴れや雨とは違い技の威力が強化されるわけではありませんが、この恩恵を受けるポケモンは無天候時でも十分強いメジャーポケモンが揃っていることと、それらを倒すための襷戦法が使いにくくなってることが挙げられます。
素早さが上がるポケが草の晴れパ、弱点のつかれにくい雨、霰パよりも弱点がつかれやすい上、襷が使いにくくなる砂パは虫パでは最も相手のしにくい戦法であると言えます。
今回はこの砂嵐の影響で凶悪化する(砂起こし要員も)メジャーポケモン4匹に対抗できる虫ポケを考えてみようと思います。


砂パのメジャーたち

バンギラス
砂起こし要員。これが入っていれば砂パと言える。虫弱点だが、防御が高い上特防が上昇しているため一撃で倒すのは難しく、ストーンエッジと大文字の広範囲技でほぼ確実に一匹持って行かれる。襷戦法も通用しにくい。

ガブリアス
無天候でも非常に多い使用率No1の超メジャーポケモン。無天候時であれば襷戦法も通用し、割と普通に対処できるが、砂パだと回避率が上昇し技が外れた隙に身代わり、そして剣の舞を積まれて全抜きされる。バンギラスで電磁波を巻いた後に出てきやすい。

ドリュウズ
鋼・地面という対処しにくいタイプである上、すなかきによりかなり早くなる。HPに振れるためタイプも相まって一撃で倒すのが難しく、剣の舞を積まれて全抜きされる。メイン技が地面で、攻撃技が貧相なのが救い。

カバルドン
砂起こし要員だが、砂嵐の恩恵は余り受けない。耐久が非常に高く、あくびやステルスロックで翻弄され、怠けるで突破不能な壁になりうる。技は地面と岩・氷ぐらいなので受けられる。上三匹と比べると数が少なく、危険性も低い。

これらのうち砂起こし要員とガブ、ドリュウズが入っていればほぼ確実に砂パです。他にもヒードランやエアームドなど虫の天敵であるポケモンも入っていることがありますが、砂の恩恵を余り受けないので省略します。


対砂パに有効そうな虫たち

ヘラクロス
有効そうな技 メガホーン インファイト フェント ねごと
砂パの天敵とも言える虫です。バンギラスとドリュウズを問答無用で一撃で倒せ、ヘラクロスは岩等倍で耐久も高く、バンギラスの大文字ぐらい普通に耐えられるので対策になります。
対ガブリアスには余り有効ではないでしょう(メガホーンが不安定、インファイトで耐久が下がる)。
ドリュウズのツバメ返しに注意。

アイアント
有効そうな技 アイアンヘッド シザークロス ハサミギロチン ツバメ返し あなをほる 爪とぎ
特性のおかげで鋼最高火力のポケモンです。バンギラスにアイアンヘッドやシザークロスをうっても耐えられてしまいますが、砂嵐無効、高い素早さ、相性のいい積み技持ちという特徴を生かして襷を持たせて爪とぎすることで火力がかなり高くなります。穴を掘るはドリュウズ用ですが、確2です。カバルドンにはギロチンがいいかも知れません。

メガヤンマ
有効そうな技 虫のさざめき めざめるパワー氷 フェイント 身代わり きしかいせい 
遺伝技の起死回生を身代わりと砂のダメージで強化し、バンギラスを一撃で倒し、次に出てきたガブリアスやドリュウズに加速で上昇した速さで先制して致命傷を与える感じです。
身代わりと砂のダメージでのHP調整は難しいかも知れません。攻撃無振りで威力150の起死回生を撃ってもバンギラスはぎりぎり耐えます。攻撃に少し振るか強化アイテムを持てば実用的にはなりそうです。


残りの紹介予定
ハッサム ストライク ミノマダム ツチニン アギルダー 等

続きは後日書こうと思っています。

■虫の天敵一覧:耐久・サポート

最近更新間隔が拓いてきて申し訳ないです。

虫パを使うときに対策すべきメジャーポケモンの紹介をしてきましたが、
このシリーズも今回で終わる予定です。

今回は攻撃よりも耐久・サポートがメインで、突破が難しくじわじわやられていくポケモンを紹介していこうと思います。

・耐久&サポート

グライオン 危険度5
最近はアクロバットがメインのアタッカー型が増えてきたが、最も厄介なのは夢特性ポイズンヒールを用いた耐久型。
対策はこの前の記事に書いたとおりで、弱点が少ないので対策を何もしてないとあっけなくやられてしまう。挑発や先制技があるのにも注意。

エアームド 危険度5
最近は強力な炎ポケモンが急増したためか数が減ってきている。弱点が少なく、物理耐久が高い。身代わりなどをしてもステルスロックと吠えるのコンボでどんどん削られる。
対策としては特殊電気・炎技を撃つこと。雨パならハイドロポンプも。ただ、頑丈なので一撃で倒せないのも危険度最高の理由。挑発もある。

トリトドン 危険度1
特性呼び水の強化でとても流行っている。雨パの敵だがヌケニンでほぼ完封できる。蝶の舞の起点にも。
草技やどくどくがないと突破は難しいかも知れない。

ブルンゲル 危険度1
虫半減のためかよく出てくる。火力がなく、蝶の舞の起点に最適。

ナットレイ 危険度3
草タイプだが、虫等倍のため割と出てくる。物理技を使ったときに反動ダメージを受けるので注意。
基本は虫技でごり押しできるが、宿り木の耐久型はごり押しが難しいので身代わりがあると楽になる。

ハガネール 危険度4
あまりメジャーではないが、ステルスロックと吠えるやドラゴンテールのコンボは痛い。吠えるよりもドラゴンテールのほうが流行っているので身代わりが安定するだろう。エアームドよりも弱点が多く、タイプ一致で弱点を突かれないのでそんなに辛い相手ではないはず。


どちらかというと、虫はヒヒダルマやドサイドンのように爆発的な火力を持つポケモンが少ないため、耐久の低いアタッカーよりも耐久のあるポケモンのほうが敵となり易いです。
そういったポケモンは補助技が多いので身代わりがあると楽になると思います。
また、虫ポケモンに挑発持ちがかなり少ないのが辛いところです。

これで一旦虫の天敵一覧は終了します。
今後追加したいポケモンが出てきたら随時追加する予定です。

■虫パーティの天敵一覧:鈍足アタッカー

1月ほど間があいてしまいましたが虫パによく出されて厄介な鈍足アタッカーを紹介していこうと思います。
鈍足アタッカーは先手をとって弱点をついても一撃で倒せないものが主です。特に弱点をついても数発異常攻撃を与えないと倒せない状態になってしまうとほぼこちらの負になってしまうでしょう。

・鈍足アタッカー

バンギラス 危険度4
岩悪タイプで虫技はもちろんのこと、他の技でも弱点が突きやすいのだが、非常に耐久が高く返り討ちにされることが多い。それだけではなく本当に厄介なのは砂嵐にされること。砂嵐にされることで襷が潰されてしまう上に、後に覚醒したドリュウズなどの強力なアタッカーが出てきてしまう。基本的に虫鋼やヘラクロスで対策できるが、大文字を覚える。

カバルドン 危険度3
バンギラスと同じく砂嵐要員。こちらは弱点が3つのみで突きにくい。ステルスロックの所持率が非常に多い。他にも欠伸などの補助技が多いので身代わりするといいかも知れない。特防は砂嵐の補正を受けず、あまり高くないので特殊技でゴリ押しできるかも知れない。

イワパレス 危険度2
虫の敵の虫。殻を破るで攻撃と素早さを2倍にする。その速さから放たれるロックブラストはほとんどの虫ポケモンが止めることを出来ない。基本的に耐久に振られることがないため特殊なら一撃で頑丈発動まで持っていける。バレットパンチにとても弱い。ロックブラストがなければ特に問題はない。

エンペルト 危険度3
雨パをやるときの最大の敵。アクアジェットが痛い。ヌケニンでほぼ完封できる(稀にドリルくちばし)。基本的に弱点を突かれることはないが、毒々無効なので抑えきれずに負けることが多い。蝶の舞の起点に最適かもしれない。

ジバコイル 危険度1
弱点を突きにくい。地面技に非常に弱いが風船持ちであったり頑丈だったりする。めざパがなければこちらの弱点はつけないので蝶の舞の起点に。

砂パによくいるポケモンばかりになってしまいましたがこんなものでしょうか。あとは耐久型ポケモンです。

■天敵対策:グライオン

どうも、密林で3DSの予約ができなかったかまにつです。

このコーナーでは主に危険度4以上の天敵についてのピンポイントな対策を考えていこうと思います。

さて、今回は虫の天敵のうちのグライオンの対策について考えていこうと思います。

グライオン
グライオン
タイプ:地面・飛行

その危険度について

1.耐久(特に防御)が高く、タイプが優秀であり、虫では貴重な氷と水しか弱点がない。そのため、襷で耐えても倒しきれないことも多い。

2.一致飛行技で弱点を突いてくる。特に最近はジュエルアクロバットがとても多い。ストーンエッジもある。

3.夢特性ポイズンヒールでどくどく無効な上、回復もされてしまう。

4.挑発や先制技、一撃技も持っている。

この中で最も厄介なのはジュエルアクロバットではなく特性ポイズンヒールです。これがなければ火力自体はたいしたことないので挑発が来なければ毒殺できます。

というわけでジュエルアクロバット型とポイズンヒール型に分けて対策を考えてみました。

ジュエルアクロバット型

1.耐久の高い虫岩、虫鋼で毒殺
ジュエルバット型はポイズンヒールの恩恵を受けることが少ないので、わざわざ厳選が面倒なポイズンヒールを採用してるとは思えません。そのため、耐久の高い虫岩、虫鋼の毒々で倒せるでしょう。
これの問題点は相手の挑発です。しかし相手はアタッカー構成が多く、入れるスペースはあまりないと思われます。それとツボツボ・フォレトス以外はハサミギロチンに注意です。

2.めざめるパワー氷・水
メガヤンマやデンチュラといった特殊型のポケモンのめざパで倒す基本的な方法です。グライオンの特防は高くはないためこれで安定して倒せるでしょう。
稀に居るヤチェ持ちやフェイントには注意です。
また、ウルガモス程の高火力であればゴリ押しできるでしょう。

ポイズンヒール型

1.耐久の高い虫岩、虫鋼で毒殺
不可能ですが、相手は攻撃無振りで火力がないためハッサム等の積み技の起点になるでしょう。挑発がなければ。

2.めざめるパワー氷・水
アクロバット型と同じように安定して倒せるでしょう。HD振りも少ないようなので安心です。

3.特性を消す
ポイズンヒール型は毒毒玉もちが多いため特性を消すことで自滅してくれます。とはいえ交代されると思いますが。
特性を消す技としてはいえきの他に悩みの種、なかまづくり、スキルスワップがあります。これらの技の使用者の中では岩と飛行が等倍なアイアント、ミノマダム鋼が適していると思います。特にアイアントは相手の交代際に身代わりなどをバトンタッチできたり、相手を張り切りにすることで相手の物理技の命中を下げられるのでいいと思います。とはいえアクロバット型にやっても効果は少ないですが。一応相手はほのおのキバも覚えるので注意。

以上のようにめざパ氷・水を使用するのがいいでしょう。しかし、現在最もメジャーなのはアクロバット型であるためこれらのポケモンを入れなくても、どくどく戦法ができるポケモンが居れば十分だと思います。もし、ポイズンヒールだったとしてもウルガモス等でゴリ押しできるでしょう。

また、めざパ氷は一般的に重要な技ですが虫の天敵としてはグライオンとボーマンダ程度しか居ないのでわざわざ入れる必要性は低いと思われます。虫の天敵速攻アタッカー編を参照。

まとめ

グライオンにはとりあえず耐久の高い虫岩虫鋼毒殺で。ポイズンヒールだったらウルガモス等が何とかしてくれるはず・・・。アイアントで仲間づくりなんかも。


余談ですが夢アノプスがもうすぐ手に入りそうです。後に配布会として配布する予定です。

1/23特性を消す作戦を考案

プロフィール

かまにつ

Author:かまにつ
HGSSからポケモン廃人プレイを開始して早5年。
だらだらポケモンをやりつつ、気が向いたら考察でも書きます。

個人的に連絡したい場合はこちらへどうぞ
kamanitsu◯live.jp
◯→@

トップページへ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

TOP絵について

TOP絵はジェネダイア・F・オトコスキーさんに頂いたものです。
書いていただきありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

合計人数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。